札幌工業検査
知っていますか?住宅性能表示制度
  • 指定確認検査機関
    (北海道知事:建指第400号)
  • 登録住宅性能評価機関
    (北海道開発局長:第2号)
  • 適合証明業務
  • 一級建築士事務所登録
  • 登録建築物エネルギー消費性能機関
    (北海道開発局長:1号)
札幌工業検査
〒060-0051
札幌市中央区南1条東2丁目6番地
大通バスセンタービル2号館9F
TEL:011-887-6585
FAX:011-222-7855

帯広営業所:
〒080-0010
帯広市大通南16丁目2-2
アクトビル4階 
TEL:0155-27-5510
FAX:0155-27-5520
地図詳細はコチラ




建物調査・診断業務

長期優良住宅化リフォーム推進事業に係る適合確認書発行業務

2014年9月30日より長期優良住宅化リフォーム推進事業「評価基準型(2)」に係る適合確認書発行業務を始めました。

長期優良住宅化リフォーム推進事業とは、インスペクション、性能の向上を図るリフォーム及び適切なメンテナンスによる既存住宅ストックの長寿命化に資する優良な取り組みに対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援することにより、既存住宅ストックの質の向上及び流通促進に向けた市場環境の醸成、及びそれらの取り組みの普及を図ることを目的としています。

株式会社札幌工業検査では、「評価基準型(2)」に係る技術的審査および「(仮)適合確認書」 「適合確認書」の発行業務を行います。 「(仮)適合確認書」「適合確認書」は、交付申請時、実績報告時に必要となります。

詳細は【長期優良住宅化リフォーム推進事業に係る適合確認書発行業務(PDF)】をご覧ください。

対象
一戸建住宅および共同住宅
対象エリア
北海道全域
必要書類

申請書式一覧 平成27年度 平成27年度
(追加公募対応版)
平成28年度
別記様式1号 技術的審査(リフォーム前)依頼書 wordicon wordicon wordicon
別記様式2号 技術的審査(リフォーム後)依頼書 wordicon wordicon wordicon
別記様式5号 技術的審査依頼書(変更) wordicon wordicon wordicon
別記様式9号 技術的審査取り下げ届 wordicon wordicon wordicon
書式 3 号 評価基準適合チェックシート iconexcel iconexcel iconexcel
書式 4 号 現況検査チェックシート(RC造・共同住宅) iconexcel
書式 4 号 現況検査チェックシート(木造・S造・戸建住宅) iconexcel
  維持保全計画書案(参考書式) iconexcel
  委任状 wordicon
  採択通知書(写し) -
  工事箇所や評価基準に適合していることが確認できる図書、計算書 - - -
  その他必要書類 - - -
  維持保全計画書 記入例 pdficon


受付では以下の事項について確認します
@提出書類に不足なく、かつ記載事項に漏れがないこと
A依頼のあった住宅の建て方(一戸建て住宅か共同住宅等)
B依頼のあった住宅の構造
C依頼のあった住宅の規模が評価基準「7.住戸面積の確保」で定める規模以上であること 以上の確認ができ、提出書類に特に不備等がない場合には依頼者に対して引受承諾書等を交付します。
長期リフォーム提出書類(参考)
審査の手順について
@.業務依頼 別記必要書類をご提出してください。
A.業務引受必要書類を確認し、「引受承諾書」「請求書」を送りします。
B.技術的審査を実施し、訂正事項があれば「質疑事項」を FAX します。
C.技術的審査完了後に、適合する場合は「(仮)適合確認書(リフォーム前の場合)」「適合確認書(リフォーム後の場合)」を交付します。

審査終了後にリフォーム工事内容に大幅な変更があった場合は、審査依頼(変更)が必要になります。

基本的に技術的審査を以下の2回行い、それぞれ「(仮)適合確認書」「適合確認書」を発行します。なお、B で申請の場合で資料がすべてそろっている場合は 1 回の審査になります。

A:(リフォーム前の引受)リフォーム工事前で維持保全計画が作成されていない場合は→
  (仮)適合確認書を発行し、リフォーム工事後、維持管理保全計画を添付し→
  適合確認書を発行

B:(リフォーム後の引受) リフォーム工事後、維持管理保全計画を添付し申請の場合は、
  審査後に適合確認書を発行します。
料金
(税込価格/円)
一戸建ての住宅 A:リフォーム前の技術的審査 B:リフォーム後の技術的審査
面積200u以内
30,900
30,900
面積200uを超えるもの
36,000
36,000


共同住宅等
(基本料金)
A:リフォーム前の技術的審査 B:リフォーム後の技術的審査
面積 500u以内
50,000+住戸数×住戸単価
50,000+住戸数×住戸単価
面積500uを超え
1,000 u以内
100,000+住戸数×住戸単価
100,000+住戸数×住戸単価
面積1,000uを
超え3,000u以内
200,000+住戸数×住戸単価
200,000+住戸数×住戸単価
住戸単価
20,000
20,000

※リフォーム前の技術審査を当社に申請の場合、リフォーム後の技術的審査は 5,000 円とする。
※変更審査依頼の場合各 1 住戸 10,300 円とする。
※紛失などによる適合確認書再発行料は各 1 部(一住戸)3,000 円とする。
※耐震診断等が必要な場合は別途見積もりとする。

参考ホームページ
独立行政法人建築研究所
長期優良住宅化リフォーム推進事業実施支援室
一般社団法人 住宅性能評価・表示協会
長期優良住宅化リフォーム推進事業に係る技術的審査業務規程・約款
【長期優良住宅化リフォーム推進事業に係る技術的審査業務規程・約款】

【ご不明の点がございましたら、担当へお問い合わせください。担当:渡辺・北村】
HOME