札幌工業検査
知っていますか?住宅性能表示制度
  • 指定確認検査機関
    (北海道知事:建指第351号)
  • 登録住宅性能評価機関
    (北海道開発局長:第2号)
  • 適合証明業務
  • 一級建築士事務所登録
  • 登録建築物エネルギー消費性能機関
    (北海道開発局長:1号)
札幌工業検査
本社:
〒060-0051
札幌市中央区南1条東2丁目6番地
大通バスセンタービル2号館9階
TEL:011-887-6585
FAX:011-222-7855
地図詳細はコチラ
帯広営業所:
〒080-0010
帯広市大通南16丁目2-2
アクトビル4階 
TEL:0155-27-5510
FAX:0155-27-5520
地図詳細はコチラ



【フラット35(リフォーム一体型)】 概要

中古住宅の購入と併せて行うリフォーム工事の費用を、住宅の購入費用と合わせて借入できる制度です。 また、そのままではフラット35の基準に適合しない住宅でも、リフォーム工事の実施により工事後の住宅が 当該基準を満たす場合は、【フラット35(リフォーム一体型)】を利用することができます。
融資制度の詳細、手続きの流れについては、住宅金融支援機構のホームページをご確認ください。

※ 平成31年4月1日より、戸建住宅にて既存住宅売買瑕疵保険が付保されている条件が廃止されました。

物件検査の流れ

書式ダウンロード

【フラット35(リフォーム一体型)】では物件売買時の事前確認、リフォーム工事着工前のリフォーム工事計画の確認、及びリフォーム工事後の適合証明業務の検査の計3回の物件検査を実施いたします。物件売買時の事前確認で、フラット35の中古基準に適合しない場合であっても、リフォーム工事により工事後の住宅がフラット35の中古住宅基準、及びフラット35Sを利用する場合はS基準に適合する時は【フラット35(リフォーム一体型)】を利用する事ができます。

@物件売買時(事前確認)[1回目]
検査対象住宅の物件売買時におけるフラット35の中古住宅基準及びフラット35Sの基準への適合性を設計図書、現地調査等により確認します。

Aリフォーム工事着工前(リフォーム工事計画の確認)[2回目]
リフォーム工事に関する設計図書等により、フラット35の中古住宅基準及びフラット35Sの基準に適合する工事計画となっていることを確認します。当該確認は、次のいずれかの場合に実施します。
物件売買時に事前確認を実施した際、「不適」とされた項目がある場合増築があるリフォーム工事を行う場合(一戸建て等の住宅の場合に限る)

Bリフォーム工事後(技術基準への適合及びリフォーム実施の確認・適合証明検査)[3回目]
リフォーム工事後の住宅がフラット35の中古住宅基準及びフラット35Sの基準に適合していることの確認と、リフォーム工事がリフォーム工事計画どおり実施されていることの確認を行います。

適合証明申請手数料(一戸建て・マンション共通)

単位:円(税込)
事前確認・リフォーム工事計画確認 33,000
適合証明検査 S基準なし 33,000
S基準あり 44,000
耐震評価が必要な建築物は、上記金額に33,000円を加えた金額と致します。
耐震評価が必要な建築物とは、建築確認日が昭和56年5月31日以前(建築確認日が不明な場合は表示登録の日付(新築)が昭和58年3月30日以前)の建築物をいいます。
※ フラット35Sの検査において一次エネルギー消費量等級の審査が必要な場合は16,200円(税込)が加算されます。


遠隔地出張費


単位:円 (税込)
検査地域 日当額 交通費
遠隔地
以外
札幌・江別・千歳・恵庭・北広島・石狩・当別・小樽・南幌・岩見沢・長沼・苫小牧・帯広・芽室・清水・新得・ 鹿追・上士幌・足寄・本別・浦幌・豊頃・大樹・更別・中札内・幕別・池田・音更・士幌 無料 無料
地域 I 三笠・美唄・由仁・栗山・月形・新篠津・白老・安平・厚真・占冠・上富良野・中富良野・南富良野・富良野・日高・様似・えりも・広尾・陸別・白糠・釧路市(音別町含む)・鶴居・釧路町 5,500 11,000
地域 II 滝川・砂川・上砂川・歌志内・芦別・赤平・夕張・奈井江・浦臼・新十津川・雨竜・余市・倶知安・京極・仁木・共和・古平・積丹・岩内・喜茂別・ニセコ・赤井川・神恵内・泊・留寿都・真狩・室蘭・登別・伊達・豊浦・洞爺湖・壮瞥・鵡川・増毛・平取・新ひだか・浦河・置戸・訓子府・津別・弟子屈・標茶・厚岸・新冠 11,000 16,500
地域 III 深川・妹背牛・秩父別・北竜・沼田・旭川・士別・鷹栖・比布・当麻・愛別・留萌・小平・蘭越・黒松内・寿都・島牧・長万部・浜中・中標津・清里・大空 ・美幌・北見・上川・東川・東神楽・美瑛 16,500 16,500
上記以外 27,500 27,500
※1 遠隔地以外(札幌市、江別市、千歳市、苫小牧市、恵庭市、北広島市、石狩市、小樽市、当別町、南幌町、岩見沢市、長沼町、帯広市、音更町、幕別町、芽室町、池田町、清水町、更別村、豊頃町、浦幌町、本別町、中札内村、士幌町、鹿追町、上士幌町、大樹町、足寄町、新得町)は、日当、交通費とも無料です。
※2 同じ日に検査の棟数が2件以上の場合は、検査場所が近いものに限り交通費のみ1棟分になります。
※3 交通機関等の都合上、当日までに札幌に戻れない場合は宿泊費(10,500円/日)が加算されます。その場合の日当は、2日分で計算します。
※4 天災その他やむを得ない事情により、通常の経路、経済的な方法等により出張しがたいときは、現に経た経路により計算した交通費等を加算することがあります。
※5 建設性能評価と同時検査の場合は、住宅性能評価業務規程の遠隔地 出張費を適用します。





HOME